【陰陽石・不思議な夢】上賀茂神社に行ってきました!【紫式部の歌碑・京都】

所在地&アクセス

〒603-8047 京都府京都市北区上賀茂本山339

京都市の北の方で最寄り駅がないので

行くなら市バスや車がおすすめ。

車だと神社の横に大きめの駐車場があります。

30分100円です。繁忙期は500円(1回)

今回は地下鉄北大路駅から市バスで行きました。

北大路のバスターミナルA(赤色)に

北3系統上賀茂神社行きが出ています。

降りるところは北3系統の場合、御薗口町なので注意。

お昼くらいに着いたのですが観光客の方もちらほら。

とはいえ、以前に比べたらまだまだ少ないですね。

もうちょっと暖かくなると増えるのかな。

京都は3月21日までまん延防止等重点措置の延長が

決まったのでイベント等も自粛されたりすると

活気が戻るのはもうちょっと先になりそう。

今日は神馬が出社していました。久々に見たかも。

僕自身も最近神社仏閣参拝できていなくて久々です。

この時期はなにかと忙しいのと寒いのもあって。


こちらは神が降り立った神山をかたどった立砂。

よく見えないかもですがてっぺんに松の枝が刺さってます。

こちらの手水舎は水の中にビー玉の大きいやつみたいなのが

入ってて素敵な感じになってました。

お花が入ってるのも良いけどこういうのも良い感じ。

ちょっと前に見た夢

2週間ほど前に変な夢を見ました。

夢っていうか夜に寝ようと思って目をつぶってたら

真っ暗な中に神社の楼門のようなものが薄っすら

見えたんです。

なんだろ?って思ってじっと見てたら神社の楼門の

前で十二単のようなものを来た人が舞ってました。

意識ははっきりしてたんで目をあけたら見えなく

なりました。

その時は不思議に思わなかったんだけどやっぱ普通じゃないので

なんか意味があるのかなぁと色々考えてました。

見ているアングルと楼門からして上賀茂神社か下鴨神社っぽいかなと。

上賀茂神社は紫式部が足しげく通った片岡社があるので

ひょっとしたらと思って来てみました。

↓見ているアングルはこんな感じ。

この写真でいうと掲示板がある前くらいで舞ってました。

でもリアルな人というよりは絵っぽい女の人が

舞ってたので夢だったのかな?

じっと見よう!っていう意識はあったので夢じゃない気も

するんだけど不思議です。

片岡社・紫式部歌碑

片岡橋を渡った先に片岡社があります。

向こう側に見えるのが玉橋かな。

こちらが紫式部が足しげく通った片岡社。

恋愛成就、縁結びに御利益がある事で有名です。

片岡社側から見た楼門。誰が撮っても絵になります。

少し先に進むと紫式部の歌碑があります。

見逃しがちなので気をつけてください。

ほととぎす

 声まつほどは

  片岡もりのしづくに

     立ちやぬれまし

新古今和歌集

ほととぎす(将来の結婚相手)の声を待ってる間、片岡の森の雫に濡れ待っていましょう。

みたいな意味だそうです。

こんな感じの森で朝露に濡れて待ってたんでしょうか。

願い石(陰陽石)

何回も上賀茂神社に通ってるのにここに入ったことないかも。

忘れてるだけかなぁ?

夫婦円満、家内安全が一番ですね。

こちらの願い石(陰陽石)を

両手で同時に触れて

その後に隣にある

賀茂山口神社にお参りするそうです。

おみくじも引いたんですが今回は末吉でした。

実はこのちょっと前に錦天満宮でおみくじ引いて

末吉だったのでリベンジのつもりだったのですが

またまた末吉でした。

両方ともに運気低迷の時期って書かれていたので

大人しく過ごしていようと思います。

あー、でももうちょっと暖かくなったら

五芒星めぐりしたいなぁ。