【狸で”他を抜く”!?必勝の咤怒鬼不動明王】狸谷山不動院の参拝ポイント【交通安全・がん封じ・見どころ】

所在地&アクセス

〒606-8156 京都府京都市左京区一乗寺松原町6

山にあって観光地化されていない

ので交通アクセスは良くないですが

良いお寺です。入山料は500円です。

京阪三条駅・地下鉄三条京阪から

市バス5系統 (岡崎公園 平安神宮 銀閣寺・岩倉行き)

 

地下鉄北大路から北8系統 (修学院 松ヶ崎駅行き)

「一乗寺下り松町」下車 徒歩17分

市バス5系統の方が若干行きやすいかも。

徒歩だと山の上なので結構大変な道のりです。

体力に自信のない方はタクシーで行きましょう。

参拝階段の手前まで車で行けます。

自家用車だと無料の駐車場(150台)があります。

こんな感じの狭い坂を登っていきます。

さらに登っていきます。

行くまでは大変ですが駐車場は広いです。

駐車場からさらにちょっと歩きます。

階段の手前にも駐車場がありますが

数台ですので注意してください。

ご本尊・ご利益は?

ご本尊は、

咤怒鬼(たぬき)不動明王

眼光の鋭いどこか神秘的な不動明王石像です。

咤怒鬼(たぬき)が他を抜く

という意味もあって

多くのスポーツ選手や芸能人の

信仰があります。

戦後初めて災難除けのお不動さん

として交通安全自動車祈祷が

始まったこともあって、

交通安全のご利益として京都では有名。

よく狸谷山不動院のステッカー

が貼ってある車を見かけます。

晴明神社のステッカーもよく見ます。

みなさんちゃんとご利益を理解して

貼っているので凄いと思います。

ガン封じのご利益も有名で

ご祈祷もされています。

お迎え大師・さらに厳しい階段が・・・

本堂まで250段の階段を上っていきます。

すこし歩くと七福神が。縁起良さそう!

途中で迎えてくれる弘法大師様

健脚のわらじが奉納されています。

さらに過酷な階段を上っていきます。

やっと、着いたー!と思ったら

本堂までさらに階段を上ります。

ここで男坂女坂があるのですが

宮本武蔵修行の滝があるので

女坂がおすすめです。

↓こちらは男坂。

僕は階段は慣れてるつもりだったので

男坂から上ったのですが、

急いで登った事もあってかなり

気分が悪くなったことがあります。

山の上なので倒れたらヤバいって

マジで焦りました。

それ以来、女坂です。

こんな感じで回り道になります。

宮本武蔵修行の滝

こちらの滝にうたれて宮本武蔵は

不動明王が持つ

降魔の利剣(悪魔を降伏する剣)

の極意を感得したそうです。

登り切ったところから本堂をみると

こんな感じ。

清水寺と同じ懸(かけづくり)です。

斜面の洞窟に不動明王の石像が

安置されていて

お囲みするために建てられています。

95キロ先を見据える不動明王!

眼光鋭い神秘的な不動明王ですが、

住職さんの「どこをみているのか」

という疑問から調査され、

視線の先が95キロ先の

高野山金剛峯寺に向いている

ことがわかったそうです。

朋厚房正禅法師が高野山で修業をした

あと狸谷山で開山されているので

実際に計算されて作られたのかも

と考えると凄いです。

ご祈祷が凄い!

こちらでは普段は10時から15時、

30分おきに祈祷をされている

のですが、本当に凄いです。

身体の悪いものが吹き飛びそうな

迫力ある護摩祈祷です。

普通祈祷だと5000円です。

30分おきにされているので

初めての方でも気兼ねなく

申し込めます。

お正月時期だと沢山の人と

まとめてご祈祷してもらうのですが

普通の日だと一人だったりするので

贅沢感がハンパないです。

普段は目の前に行くことができないのですが

ご祈祷の時は最後に

不動明王の目の前に行くことが

できます。

特別参拝で不動明王が一般公開

されている時もあるので、

そういう時に合わせて参拝する

のも良いと思います。