”京都国立博物館・最澄と天台宗のすべて”に行ってきました。

所在地&アクセス

〒605-0931 京都府京都市東山区茶屋町527

JR京都駅からだと

京都駅前のバス乗り場 D 

市バス206号208号系統に乗って

博物館三十三間堂前下車

京阪電車からだと

七条駅下車で東へ徒歩7分位です。

京都国立博物館

色んな特別展で国宝など見られるので

興味のある時に行ってます。

道を挟んで向こう側に三十三間堂があります。

秀吉さんが祀られている豊国神社も

隣にあるので色々楽しめるエリアです。

今回は最澄さんの

1200年大遠忌記念特別展

最澄と天台宗のすべて

が開催されていたので

行ってきました!

料金は大人1800円です。

有料で音声ガイドナビ

あったりするので時間のある方は

利用されてもいいと思います。

今回のナビゲーターは

市川猿之助さんがされていて

料金は650円です。

↓こちらは明治古都館。

正門側から見るとこんな感じ。

ちょうど、考える人の像が真ん中にくるんですね。

↓こちらは平成知新館。

京都タワーが見えて京都らしいですね。

 

最澄さんの直筆のもの

や国宝も数多くあったりして

興味深かったのですが

一番見たかったのは

京都の法界寺の秘仏

薬師如来立像です。

 

なんと、最澄さんの自作の

胎内仏が像内に納められています。

寺外での公開は初との事なので

この機会を逃すまいと

ワクワクしながら行ってきました。

法界寺は桜井識子さんの著書

「京都でひっそりスピリチュアル」

に掲載されているので行ったことが

あります。

桜井識子さんも楽しみに見に行った

けど秘仏だったため見ることが

できなかったそうです。

ただ、最澄さんの胎内仏が

納められている薬師如来像だけでなく

法界寺は国宝の阿弥陀如来坐像

素晴らしいので必見です。

法界寺・阿弥陀堂

↑こちらのグーグルマップの

左側のサイドパネルの

写真のところの

ストリートビューと360°ビュー

は本当に凄いんで見てほしいです。

こういった撮影を許可された

法界寺の方は本当に素敵だなと

思います。

延暦寺・根本中堂の内陣を再現

こちらのエリアのみ写真撮影OK

だったので撮ってみました。

延暦寺の根本中堂の雰囲気が伝わってきます。

ちょっと薄暗い感じが似てると思います。

延暦寺根本中堂の内陣には

最澄自作と伝えられる

秘仏薬師如来像と

最澄が灯して以来消えたことのない

「不滅の法灯」が安置されています。

延暦寺は以前ブログでも紹介しているので

よかったら見て下さい。

→【最澄・不滅の法灯】比叡山延暦寺の参拝ポイント【おみくじ発祥の地・見どころ】

今回の特別展は、

国宝23件、重要文化財71件と

かなり見ごたえがありました。

僕は音声ナビゲーターなしで

観覧したんだけど

それでも見て回るのに1時間以上

掛かりました。

広いので結構歩くのと、

エアコンの設定が低めにされているので

ちょっと上に羽織るものがあるといいと思います。

5月22日まで開催されているので

ゴールデンウィークの京都観光に

ぴったりだと思います。

前期(4月12日~5月1日)と

後期(5月2日~5月22日)で

展示替えをされます。

月曜日は休館日なので注意してください。