【酒の神・霊亀の滝・松風苑】松尾大社の参拝ポイント【ご利益・駐車場・京都旅行・見どころ】

所在地&アクセス

〒616-0024 京都府京都市西京区嵐山宮町3

京都駅からだと

市バス28号系統・嵐山・大覚寺行き 松尾大社前下車

嵐山方面へ観光する方におススメです。

電車だと地下鉄京都駅→四条駅下車乗換→ 

阪急烏丸駅→桂駅で阪急嵐山線に乗換

阪急松尾大社前下車

車だと無料の参拝者用駐車場が100台あります。

楼門・松風苑とは

鳥居をくぐると楼門があります。

楼門の前に松風苑の立て札があります。

松風苑とは

昭和の名作庭家、重森三玲の遺作の庭。

曲水の庭、上古の庭、蓬莱の庭の三庭からなり

昭和の日本庭園を代表するものの1つ。

拝観料500円で三庭観ることができます。

曲水の庭

上古の庭

蓬莱の庭

本殿・風鈴祈願

楼門をくぐると拝殿が見えてきます。

橋を渡って右手に手水舎があるのですが

風鈴がいっぱいあって涼し気。

招福除災の祈願で6月1日~9月5日までの

夏限定で風鈴祈願をされていました。

音も涼やかで夏にぴったりの祈願です。

コストもそんなにかからないし素敵な祈願方法だと思う。

花手水みたいに他の神社でも広がっていけばいいなと思います。

おみくじ結ぶ場所がハートってのも良いですね。

ちょっとした事だけど印象が全然違う。

↓こちらは本殿。みなさん順番にお参りされています。

ご祭神・ご利益

大山咋神中津島姫命の2神

日本第一酒造神として酒造関係者の信仰を

集めています。

奉納された酒樽が並ぶ神輿庫

相生の松

雌株・雄株の2本が寄り添って生えていて

昭和31年・32年にそれぞれ天寿を

全うした名松の古株。

縁結び夫婦和合の象徴として厚く信仰されています。

杓子・絵馬が奉納されています。

椋(むく)の霊樹

京都の霊木として樹齢800年を数え

蓬莱の庭入り口に生えていましたが

平成5年の大雨で枯朽したそうです。

摂社・末社エリア

こちらは南末社エリアです。

伊勢神宮遥拝所

祖霊社

金刀比羅社

一挙社

一挙社のご利益は

”困難に出会ってもこの神に祈れば一挙に解決する”

と伝わるそうです。

”一挙に解決”って言葉が気持ちいい。

 

衣手社

曲水の庭エリア

入るところがわかりにくいのですが

本殿の右手のこちらをくぐって

行きます。

拝観料を払うところのおじさんが親切で

僕がお金を払おうとしたら

亀の井と霊亀の滝だけなら無料で見られるよ、って

教えてくれました。

今回は庭も見たかったので拝観料を払って入ったのですが

帰りがけに、「神像館も見た?」って確認してくれました。

確かに神像館は見逃してしまいそうな感じ。

ただ、僕は有料エリアとは関係ない

亀の井を見逃してしまいました。

天狗岩が全然わかんなくて

必死で探してたんだけど

集中しすぎて亀の井を見逃しました・・・。

亀の井は松尾山の湧き水でこの水を

酒に混ぜると腐敗しないそうです。

霊亀の滝

わざわざ写真まであるのに天狗岩わかんなかったです。

↓こちらは北末社

お酒の資料館

神社を出てすぐのところに大きめのタヌキが見えます。

↓こちらは無料のお酒の資料館

京都のお漬物屋さんも隣接しているので

お土産買うのにちょうどいいと思います。

松尾さんのインパクトが凄い・・・。